プロフィール

マカプウ

Author:マカプウ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます(^^♪
ブログ開設日
2009.1.6(火)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード

<< ジャンウに会える日、15日目。。。ネタばれあり main 気になる話題は数々あれど。。。お詫び^^; >>
セリフわかってもテホにはまる。。。3~4話(ネタバレ)
2010-08-11-Wed
みなさ~ん、ウリアボジのことでは大変ご心配おかけしました~
たくさんの温かい言葉と気持ちがとっても嬉しかったです

おかげさまで昨日の夜に行ったときには、かなり腫れもひいて、痛みも和らいでたようで
まぁ、ちゃんとした原因がわからないので、いろいろ気をつけないとですが。。。

月曜の午前中のあの様子からは、想像もできなくらいの回復ぶり=^_^=
水抜きって相当痛いようで、へたれのわたしだったら、気絶してたかもですが、そのおかげで回復してるようなので、お医者さまに感謝です♪

このまま、通常の生活に戻れることを祈って



ロード、リアル1時間のこの時間に記事書くのもどうなのぉ?
ですけど、今日仕事終わりで、もろもろ用事済ませてようやく字幕4話を見れたので、くぎりつけてつぶやいておこうかなぁって

みなさん、適当にスルーしてくださいまし~

ちまたではOCNのCFが話題になってますけど、乙女マカプウはここはひとつ、見なかったことに
(意味深ですけど、別にたいしたことなく上半身衣服をまとわないで演技したCFらしい←妙に遠まわしでかえって 爆)


では、つづくから♪
さて、3話と4話
なぜか3話はほぼ思ったとおりだったんですけど、4話の前半見たことないシーンがちらほら・・・
うむ~あの大変なことがあった週で記事も書いてないし、見ながら寝てたのかしら^^;

まず思ったことは、のちにアメリカ軍記者に踊らされる調子者の小隊長ヨンミン(ようやく名前調べました)は、このときから、自分のことしか考えないやつだったって

だってねぇ~タンク対決シーンで、あんなに準備したのに、ヨンミンが怖くて待ちきれずにスイッチ入れちゃったせいで、にわかに作戦が苦しくなったのに「おれの任務は終わった」だとぉ~~~
まったく男気がないっていうか
ある意味、ジャンウにつらく当たるオ・ジョンギの方がよっぽどいいわ

そう、あんなに嫌だったジョンギのこれから起きることを知っているからか、あに、戦場ではあれが兵士たちの戦う姿なのかもと思ったりした、今回
負傷した兵士など、放っておいて、武器と戦える兵士たちを優先するべきというジョンギ
戦友として放っておくなど有り得ないというジャンウやテホ
同情や戦友愛では、あの悲惨な中、とても戦えなかったのではって
結局、わたしの大好きなサムス中隊長が、武器とともに亡くなった仲間を土に埋めることにして
「ここにあるのは遺体と武器ではなく、2中隊の精神だ。きっと戻ってくる。また会おう」って
あぁ、サムス中隊長、しびれますぅ

そして、一番の勘違いは・・・
ジャンウったら、民間人たちを兵の補充で捕まえるときに、かわいそうで逃がしてしまうところをテホに見つかり、不服従の罪で処分されることになって
結局、弾除けの異名の小隊長になるべく教育隊で訓練してたんですね
わたしは、テホたちと一緒に戦ってるんだとばっかり
似たような戦闘シーンだったし
3話の後半~4話は小隊長の訓練して、大隊に合流するまでのひとときだった^^;
ここで離れれば、自分はいつ命を落とすかわからない戦いに出なければいけないジャンウ
そりゃあ、そんな状態でスヨンに会えたら、気持ちも高まるってものですよね

あと、厳しい戦闘で次々に仲間が哀しい運命になったとき
テホはいままで一緒に戦ったり、生活してたから、想いがあって本当につらそう(自分を責めてるし)
でも、考えたらジャンウはあとから無理矢理入ったから、彼らとの思い出はほとんどない
なんだかあまりにクールに見えたのは、そういうことかって改めて思ったわ

あとね~どうでもいいことかもだけど。。。
この4話あたりまでだと、ジャンウの敬礼が、ちょっと気になる
テホとかの方がさまになってて・・・4話ではスヨンも敬礼するシーンがあるんだけど、スヨンの方がそれっぽい(あ~言っちゃった。。。)きっと、ジソの手は指が長くてきれいすぎるからかな
そういうことにしておこう^^;

のちに看護士になったスヒだけど、このときテホに会えて、激励されてたんだね~
水商売などしていたスヒに、看護士の勉強をするのは遅くない、あきらめるな、勇気を持てって
だから、テホ大好きなスヒは頑張ったんだね。。。

この3~4話は、テホの、あに、ゲサンssiの演技にぐいぐいひきこまれた
仲間たちが次々に悲惨な死を迎え・・・それでもいっこうに終わることのない戦いに
途方にくれたというか、生きているのに死んだような目
泥すら食べてなんとかしようとする精神状態、そしてその泥の中にまた仲間の認識票をみつけてしまったときのあの表情

サムス中隊長に「少し休め。軍服脱いで。ひどい顔してるぞ」と言われるまでそんな自分になっていることにすら気づかないテホ

あぁ、ここらの回でテホ語ると止まらなくなるから、このへんで(ん?ジャンウあまし出てこなかったですね 苦笑 3話のタンク対決シーンでのサムス中隊長とのかけあいは、かっこよかった~。。。ってつけたしっぽい?)

ストーリー追ってなくて、チェソアミダ~
この字幕見てのつぶやきは、自分がリアルのときに勘違いしてたところとか、特に気になったところだけズームして書いていますので^^;


そろそろリアル視聴の準備しなくちゃ~
今日、ウリパソいまいちなのよね

スムーズに見れますように

ロードナンバーワン字幕つぶやき cm(0) tb(0)
Comment
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://mahaloy.blog97.fc2.com/tb.php/537-c4f7a646
| |