プロフィール

マカプウ

Author:マカプウ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます(^^♪
ブログ開設日
2009.1.6(火)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード

<< タイガー兄との不思議な縁 main ジャンウに会える日、あと1日。。。ネタばれあり >>
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
ジャンウに会った最後の日。。。ネタばれ
2010-08-27-Fri
終わりました。。。最終回

ひとこといいですか
字幕ほし~~~~~~

あっすっきりした

では、あとはReadMoreへ(早っ)
最終回、全体的な感想・・・60年後になってからは、セリフほとんどわからない(なかなか聞き取りにくいし)
雰囲気で理解したつもり
老人ジャンウとテホの再会シーンは泣いた。。。でも言ってることがわからない
最後、老人ジャンウがテホに会えて安心して肩に頭をのせたあと・・・もしや?
あに、想像の域を出ませんけど(^_^;)

ジソジャンウが出ていたのは始めの方の30分くらい?(あとで回想シーンで出てきたけど)
それにしても・・・キャプ4枚(苦笑)
現代の部分では、たったの1枚。↓このニュースサジンの2枚目と一緒だし
というわけで、お借りしてきました~
内容把握にも記事を借りてこないとよくわからん(セリフ理解力のなさもあるけど展開が・・・)
あのヨンチョン橋の爆破のときに、マンヨン背負って間に合わなかったジャンウ
かけよったテホ(早く、ジャンウを助けてよぉ~と初めてテホに文句いった)
そこで爆破。時が流れて現代のテホ
ジャンウはあのとき負傷して敵軍につかまって北で生きていて脱北したということみたい?
だから、あんなボロボロの船で漂流してた?
road100826news01.jpg

別れたイ・ジャンウとキム・スヨンの出会いは60年という歳月が流れた後になされた。 シン・テホがイ・ジャンウから受けとったタンポポをそのまま守っていた。

8月26日放送されたMBC水木ドラマ'ロードナンバーワン'(脚本ハン・ジフン/演出イ・ジャンス、キム・ジンミン)最後の回でイ・ジャンウ、キム・スヨン、シン・テホは霊泉(ヨンチョン)橋を覆ったその火花と共に60年の時間を待たなければならなかった。 そしてタンポポを媒介とした約束は守られた。

キム・スヨンは負傷したコ・マンヨンを救うために霊泉(ヨンチョン)橋を渡った。 負傷は思ったより深刻だった。 イ・ジャンウは彼女を探して同じように橋を渡った。 しかし定刻に帰ってこれなかった。 中国共産軍はさらに近く近づいた。 橋が爆破される直前だった。

シン・テホがその橋を防いで立った。 イ・ジャンウを待った。 彼は"私が軍人として似ていたい二人がいる"と話した。 2中隊員らがシン・テホのそばを守った。 戦友らが集まってイ・ジャンウとキム・スヨンの帰還を待った。 ついに彼らが到着した。

しかし、イ・ジャンウは一歩遅れた。 先に到着したキム・スヨンとシン・テホが共に橋を渡った間イ・ジャンウはその後に残した。 シン・テホがイ・ジャンウに向かって走った。 しかし運命は彼らを永遠に分けた。 火花が散ることで彼らは60年の時間に遮られた。

イ・ジャンウは北から南へ帰ってきた。 木船にのせられたままイ・ジャンウは60年1ヶ月ぶりにソウル土地を踏んだ。 彼は"キム・スヨンに会うようにします"と話した。 シン・テホは相変らず彼を描いていた。 イ・ジャンウの墓碑の前で目がしらを赤らめた。

60年前イ・ジャンウは何か予感したようにシン・テホに手帳を渡した。 その中にタンポポ花の種を入れた。 タンポポ花が咲く前に帰ってくるとキム・スヨンとイ・ジャンウが約束したそのタンポポ花の種をシン・テホに任せた。 そしてその遺品は孫娘を通じて帰ってきた。

キム・スヨンとそっくり似たその孫娘がイ・ジャンウに手帳を戻した。 キム・スヨンは7年前亡くなったといった。 生きてその手帳の中のイ・ジャンウの絵を見て彼が帰ってくることを夢見ていた。 キム・スヨンは"私がこの絵みな見る前に必ず帰ってくるの"として待った。


テホや2中隊員たちが、ジャンウ中隊長を待つシーンが良かったなぁ
よくはわからないけど、一人ひとりジャンウとの思いを語ってた?

ただ・・・ジャンウとぎりぎり戻ってきたマンヨンにかけよったダルムンが。。。
まさかこんなことになるとは思わなかったから、ショックだった


でも、せっかくなので、数少ないキャプ。回想シーンのジャンウとスヨン
スヨンはタンポポの種を植えてたんだね
road10082602.jpg
road10082603.jpg





ここから、ちょいとつぶやき

。。。最後にジャンウの孫娘が出てきて、ジャンウ→テホ→スヨン→孫娘 
の手帳を返すけど。なぜにここでハヌルさん?しかも超ミニ
ちょっとこの演出にはびっくりだった^^; こんなに激似の孫娘って

いやぁそれをいったら、漂流してたジャンウがちゃんとたどりついて、イ・ジャンウとして回復するのも。。。ね

老人ジャンウが夢みたり・・・なシーンでナレーションがジソジャンウ声なのも、ちと違和感^^;
そのまま老人ジャンウの声の方が自然かと




んでも、最後メイキングの画像が流れて・・・
厳しい自然環境の中、半年かけて頑張った俳優さんたちとスタッフさんのことに思いをはせ

チーム・ロード、おつかれさまでした~
戦争という重いテーマだったけど、最後まで見れたのは、みなさんの頑張りがわかったから

ジソブニム~本当にいままで見たことのない演技を見せてくれてコマオ~
期待を裏切らない進化する俳優ソ・ジソブをこれからも応援させてくださいませ



そして・・・いままでこの視聴感想メモを読んでくださったみなさん、コマスミダ~
3話と4話ぬけたままだし、かなり想像で、ハングルちょびっとしかわからないくせに、大胆にも視聴メモの記事とかアップしちゃって^^;
違ってるところもきっとかなりあると思います

このあと一応エムネの字幕視聴続してのあ~こういうことだったのか、の記事は一応続けるつもりですので、よろしかったら、そちらで答え合わせなさってくださいね


ではでは、リアル頑張ったジソペンのみなさん、おつかれさまでした~~~

ロードナンバーワン視聴 cm(8) tb(0)
Comment
 

(ToT)~~~マカプウさん~~~
この、感動を分かち合ってくださって、コマスミダ~♡

愛するパソも、思いを感じてか・・・がんばってくれました。
(いままでで、一番観れました。。。)

昨晩は、今朝が早いから布団に入ったけど、結局なかなか寝付けませんでした(ToT)・・・

マカプウさん 何時に寝ましたか~!?今朝は、ケンチャナヨ~?
・・・
ロードナンバーワン!! はやはり、ナンバーワンです~!!

何と、コメントしていいのか・・・(ToT)

とにかく、是非世界中の人々に見て欲しい、愛と戦争と感動のドラマですね^^/
私も、ダルムンには、生きて欲しかった・・・
生きて、ポンスンに~
きっと、ポンスンにも、こどもができてるはずですよね~~~

最後に、ケサンシーの肩にもたれ・・・眠るジャンウに。。。

やはり、涙しかありませんでしたヨ~

コマウォヨ~ マカプウさん、そして、一緒に観た仲間~

ジャンウとその第2中隊のように・・・

今から、行ってきま~す。

最後に、メイキングがあったんですか?(見逃しました^^);;;
今夜、観なくっちゃ!!

終わっちゃった(@_@。

なかなか寝付かれなかったその②です。

色々考えちゃって^^;
ジャンウの身体のレントゲンで玉がいくつもあったように見えましたが、
どうやって生還できたのかその辺(北での生活)想像してて。。

テホや2中隊員たちがジャンウ待ってる所感動しました。
帰れというテホの呼びかけに兵士達テホと同じ思いだと告げたあたり泣けました。

「戦争が終わったら何をする?」とのテホの問いに
車の運転手?とか農業とか答えていたから、最後にその人たちが
出てくるのかと思ってました。

老人ジャンウとテホの会話が聞き取れず。。
最後の寄りかかりは、きっとマカプウさんと同じ想像してます。

スヨンの大きなお腹でジャンプや子供に“頭の良い所は私に似たね”や
孫(ハヌルssi2役)の超ミニには突っ込みたかったし…

ジソいい作品に主演してくれて本当に良かったです。


一緒に視聴していた気持ちになれた皆さん&マカプウさんありがとうございました。

コマウォヨ~♪

マカプウさんe-343
お忙しい中での「ロードNO.1」の解説、お疲れさまでした~v-22

マカプウさんのおかげで、どれだけモヤモヤをスッキリさせられた事かv-354
ご協力頂いたナンピョン様にも感謝です!!
ノムノム コマウォヨ~v-421

橋の上で「スヨ~ン!」と叫んだジャンウの声がいつまでも離れませんv-409
できれば、しわくちゃのおばあちゃんでもいいから、スヨンと再会させてあげたかった!

ひとつだけ心残りは、ジソが演じていないジャンウに、あまり感情移入できなかった事ですv-427
私はやっぱりジソじゃないとダメなんだ!と思いましたv-398
特殊メイクを駆使してでも、本人達で最後まで演じきるというのは、無理がありすぎるのかな・・・

これからは少しゆっくりと字幕編を堪能したいですね~
そして11月からはWOWOWでさらに深~く味わいましょうv-353

(「ソ・ジソブの道」でもっとハングルに触れてみたいと思っていますv-410)

とうとう…

終わってしまいましたね。。
あげてくださった写真見ただけで涙がじんわり
まだまだ最終回の余韻から抜けだせません
ジャンウとスヨン…どれだけ会いたかったか
どんな思いで長い年月を毎日毎日過ごしてきたかと思うと…(;_;)

ジャンウを待つ第二中隊の隊員達 テホとジャンウの再会 孫娘を抱きしめるジャンウ…胸を打つシーンがたくさんありましたよね。。

ジソがジャンウとして伝えたかったこと…胸に届いた気がします
大変な撮影お疲れ様 ありがとうって心から言いたいです

マカプウさんもリアル試聴解説お疲れ様でした
そしてありがとうございました

shokeiさん(^^♪

こちらこそ、ご一緒に視聴しながら感想言い合えて嬉しかったですv-410

お~昨日は、パソもちゃんと言うこと聞いてくれたんですね
さすが、わかってるわ
やるときは、やるのよ(by shokeiさん宅パソ)

shokeiさんはなかなか寝れなかったんですね(>_<)
今日は大丈夫でしたか?
睡眠不足で、この暑さだと体調くずしますよぉ
(え~「たいちょう」と入力すると最初の候補が「隊長」と出てくるのはウリパソだけでしょうか^^;

わたしは、その前にかなり睡眠不足だったので(いつもですけど)昨日は1時半くらいにはベッドに
そして・・・あっさり寝ちゃいました(爆)
なにせ2時半に寝ても5時半にいったん起きなくちゃいけないので、自然と身体の防御が働いたのでしょうか

わたしの場合、心地よい疲れというか、う~んなんていったらいいのか、わかりませんが
チーム・ロードと一緒にマラソンしていてゴールしたような感じです

shokeiさんもダルムンに気持ち向けてくださったんですね
そう、あの夫婦はあの時代に、変わらぬふつーの生活の象徴だったのに

あの・・・メイキングといっても記事にも画像と書いたんですけど、スライドっぽく数枚出ただけです(汗)
ただ、見たことないようなのもあった気がしたので
ご覧になったことあったものでしたら、チェソアミダ~

ふ~ご一緒にパソに向かっていたジソペンはみなさん、仲間でしたね

shokeiさんも少し、ゆっくりしてくださいねv-398

kan_ajiさん=^_^=

おも。。。kan_ajiさんもですか
確かにあれだけの作品の最終回を見たあとですから、いろいろ考えてしまいますよね

老人ジャンウのレントゲンの部分もしっかりご覧になっていたんですね
実は、やっぱりジソじゃないとあまり画面にはりついてなかったので(ドラマの見方としては失格でしょうか)気づきませんでしたv-393
だいぶ先だけど、エムネでしっかり確認しますっ

わたしは実は北で暮らしていたということすら、見終わって記事読んで知ったので(どれだけ洞察力に欠けてるのか 苦笑)そこまで考えがいかず

本当にあの、2中隊員たちが、みんな身体はっていたとき、ぞくぞくしましたね
ジャンウとの思いだけを次々語っていたのかと思いきや、そんなことも話していたんですね
あぁ、ハングル聞き取り、真面目に再勉強いたします^^;

kan_ajiさんも、あの二人の寄りかかりシーンは、同じ想像されたんですね
手の力が抜けた気がして。。。あに、はっきりとはわからないというのが真の結末なのかもですが

くふっ突っ込み歓迎ですよぉ

そして、ジソやゲサンssi、ハヌルssiたちが作品にほれ込んで出演を決めたこの作品、意味のあるものになったと思います
記者さんで「どんなドラマより強いメッセージと完成度を見せたロードナンバーワン。TV戦争ドラマで最も長時間記憶に残る作品であるようだ」と書いてくださった方がいました
この言葉がじ~んときましたv-398

こちらこそ、つたない視聴メモ、いつも読んでくださって、お話できて嬉しかったです
ありがとうございました♪

MAYUさん(^^♪

あんにょ~んv-410

こちらこそ、読んでくださってありがとうございます
ただ、かなり勘違いもあると思うので、字幕でじっくり確認してくださいね^^;
いま、エムネで8話まで見ましたけど、やっぱり細かい助演の方々のセリフまでわかると、また全然違ってきますよね

あっウリナンピョンにまで、温かい言葉、コマスミダ~
ようやく放置されずにすむので、ほっとしているかな^^;

えぇ、橋の上でのあのシーンは、つらかったですね。。。
ジソの・・・あに、ジャンウのあの表情が目に焼きついて離れません

スヨン自身との再会をさせてあげたかったけれど、この戦争の切なさを表現したかったんでしょうか、監督さんv-390

うぅ、大きい声じゃ言えないけれど実はわたしも場面が現代になったとたんに、ちょこっとひいて見てる自分に気づいてしまった。。。
ただ、80歳近い人を本人が演じるのは、やはり難しかったのかもしれませんね

MAYUさんは、WOWOWご覧になれるんですね
わたしは、とりあえず、エムネで完走しま~す

いま、急に思ったんですけど、ジソのフォトエッセイ、左右のページで対訳方式にして日本で発売してくれたら、すっごく嬉しいしハングルの勉強になるんだけどなぁ~(と、どこにともなくつぶやいてみる 笑)

rateさん=^_^=

ふ~そうですね
終わってしまいました。。。

実は最終回の記事を書こうと思ったのに、実はなんだかまだ気持ちの整理つかないままだったんです
いまになって、じわじわとv-406
スヨンは、本当にずっとジャンウがどこかで生きていると信じて暮らしていたんでしょうか
きっとジャンウの子供が10才を過ぎる頃には、残された愛する子供(ジャンウがふざけて候補にあげてた名前でしたね)とともに暮らしていく決意をしたんでしょうね
昔から、どんなときにもくじけない強いスヨンですから・・・
でも、だからこそ、ジャンウはなかなか戻ってこれないけど生きてるんだよって教えてあげたかった

おそらくジャンウは、スヨンが絶対生きていると信じて過ごしていたんでしょう
そうでなければ、生きていけなかっただろうから

本当に、いつも大変な撮影に立ち向かうジソ、おつかれさまでした。少しだけゆっくりしてねって言いたいですよねv-398

こちらこそ、勘違い視聴メモばかりで申し訳ないですけど、ずっと読んでくださってありがとうございました♪
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://mahaloy.blog97.fc2.com/tb.php/556-c72315fc
| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。