プロフィール

マカプウ

Author:マカプウ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます(^^♪
ブログ開設日
2009.1.6(火)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード

<< 笑顔のむこうに main ジソブへの道。。。深くて難解(笑) >>
セリフわかって。。。記憶は紡がれていく 19~20話(ネタバレ)
2010-10-04-Mon
う~いまさっき最終話の字幕見終わりました。。。

もう、ぐっしゃぐっしゃです

まぁ、ヨンチョン橋のあのシーンで、心フリーズして、針は振り切ってましたけど^^;

いま、言えることは・・・第2中隊よ、永遠なれ

素晴らしき仲間たち

あなたたちの故郷を、愛する人を守りたいという想いは、きっとどこかでつながっていくはずだから



では、あとは続くへ 19話・・・意外にもわたしのヒアリング結構合ってたみたい(自分でびっくり 笑)

あの迷惑ヨンミンは、中隊長になってたみたいだし
テホがジャンウにヒョンって呼んでいいですかって、かけあってたし

冒頭の方のジョンギが部隊に戻る2中隊員たちにかける言葉が乱暴だけど、愛があって
最後に「死ぬなよ、生き残れ」って

セリフわかると余計にヨンミンの自分勝手さに憤るけど、あえて触れないわ(-.-)

そして、いよいよ身体と心が戻ったジャンウが病院を旅立つ日、ジョンギとの別れのとき、ジャンウが「オ・ジョンギ一等下士。。。」と呼びかけたのに対して「二等兵に降格しておいて別れるとなると一等下士と呼ぶのかっ」とくってかかるジョンギにジャンウが言ったひとこと
「第2中隊の一等下士は、あなただけです」って
うぅ・・・ジョンギとともにしびれた・・・このときハングルはヒョンニムだったよね
戦えなくなった者と戦うことをやめた者

そして、テホたちが孤立していると知って、転役を撤回して救出に向かう中隊長ジャンウ
そして、ジャンウの的確な指示で敵軍の中から脱出できたテホ偵察隊だけど・・・
このときのジャンウとテホのやりとりが、小学生みたいで^^;
ジャンウ「敵軍に孤立するなんて落ちたものだ」←もちろん、何かどうしようもない理由でこうなったことはわかってるくせに
テホ「復帰する途中でした。来なくて良かったのに」←来てくれてめちゃ嬉しいくせに

大隊長の命で、故郷に帰ってきた2中隊
あの木の下でそれぞれ想いをはせるジャンウとテホ
テホがジャンウを年上だと思って「いまからヒョンニムと呼んでもいいですか?」に
「だめだ。。。誕生日は?」・・・結局たったの三ヶ月だけジャンウの方がお兄さんだったことを知って途端にヒョンと呼ぶのはやめると言い出すテホ
「三ヶ月の差は大きい。高地の奪いあいを10回繰り返しても余る」とジャンウ
なんなんだぁ~この二人は、まったく(笑)

ここらの二人のやりとりには吹き出してほのぼのできた。。。


キム中士が小隊長になっていて、テホ率いる小隊と騎馬戦することになって
失くした戦友のことを思って気が晴れないキム小隊長にテホが言う言葉が好き
「喜びも悲しみも結局は、生きてる人間のものだ。責める暇があれば精一杯生きるんだ。やっと笑えるんだ。天国でも文句は言わないさ」


20話
こちらは、セリフじっくり見させていただきました、特に現代になってからは

大怪我したマンヨンの治療に向かったスヨンを迎えにジャンウがいって
どんどん迫る中共軍
すでにヨンチョン橋の爆破命令は出ている
ここで爆破を遅らせようと、人柱になってジャンウを待つテホのところに、次々と2中隊員たちが加わる
「私たちの命は、中隊長に預けたんです!」
こんな風に言ってもらえて、ジャンウ中隊長ニム幸せだね
戻れと言っても効かない隊員たちにテホが放つ「第2中隊には、まともな奴がいない」
に対して「すべて中隊長と小隊長に学んだことです」って

そして・・・ジャンウがあと数メートルでたどりつこうとしたそのときに中共軍の銃弾が・・・
その魔の手はマンヨンを助けに走ったダルムンも
動かなくなったダルムンのその顔。。。実は一番泣いたかも

・・・ついに橋が爆破された


ジャンウが60年ぶりに祖国に戻り、その変わりようにあとずさりするかの姿に
時の流れや歴史の重みをずっしり感じて、泣いた

あとは回想シーンでのスヨンにも
あの戦争の中、どんなことがあってもあれだけ強く生き続けたスヨンだけど
愛するジャンウの子供はそばにいるけど
それでも、何年も何年も帰ってくると信じて生き続けるのは、並大抵ではなかったと思われ
何度も心が折れそうになったのだろうと思うと。。。


セリフわかって、最終話の現代部分でも感情移入できました
ただ・・・やっぱり孫娘のあの演出には


ふぅ。。。終わっちゃった
字幕つぶやき、読んで下さったみなさん、コマスミダ~
途中から、なんだか宿題のような気分でしたが^^;

また、しばらくしたら、最初から見てみようかな


WOWOWで新たにご覧になる方、編集が違うとも聞きました
じっくり比較してみて下さいね~


ジャンウ、テホ、スヨン、サムス中隊長、そして第2中隊のヨロブン~~~
お疲れ様でした=^_^=


さて・・・次回作待ちましょうか

ロードナンバーワン字幕つぶやき cm(6) tb(0)
Comment
 

マカプウさん お疲れさまでした^^;;;
私達は、首を長くして、待ってるだけでした~笑~、しかし、ココがないと・・・しまらないワタシがいて、、、^^/
ありがとうございました。

さて、最終部分の19~20話。何気ない台詞が、効いていましたネ!!
オ・ジョンギとの会話、テホとのやりとり、そして、第2中隊の仲間達、、、みんな、飛び切りいいやつばかりで、工作隊の隊長が羨むほどでしたね。

そして、こみ上げて来る涙は、思い出す度に溢れてきます。。。

60年は、長過ぎますね。しかし、現実は未だに未解決です。どれだけの人々の血と涙が流されなければ人は、平和を築く事ができないのか・・・そんな、江原道~ソ・ジソブの道・・・そんなことを 感じることができた「ロードナンバーワン」です。

マカプウさん コマスミダ~^^/

マカプウさん、おはようございます。
私の初コメにお返しありがとうございます。
感激です~!

8月まで韓流といえば冬ソナしか思い浮かばなかった私ですが、
キムサムスンおもしろいよ!と勧められて半信半疑で見たところ笑いあり涙ありで韓国ドラマに興味をもちました。
雪の女王経由後、ネットで皆さんのお勧め度の高かった「ごめん、愛してる」を借りたのですが、
初めはお顔もあんまり好みではなかったし、変装シーンなど引いてしまいましたが(すみません)
中盤から嵌り、最終話のお母さんへの想いを語るシーンで心を打たれてしまいいました。

その後はDVDとネットでジソさん探ししています。
なぜかお友達が、アリ将軍のDVDを持っていて、これもジソさんの歴史と、頑張って見ました^^;

自分のことばかり、しかもファン失格のような数々の発言お許しください。
今はめちゃくちゃジソさんで一杯です。
かっこいい顔も優しそうな笑顔も、もちろん、う~んって顔も許せるくらい夢中です。

ロードはWOWOWまでお預けですが、マカプウさんのブログを読みながら楽しみにまってま~す(*^_^*)
これからも頑張ってください。

こちらこそ=^_^=

shokeiさん、勝手なつぶやきにおつきあいいただいて、コマスミダ~

ある意味リアルで、力尽きた感じだったので
字幕版は、確認作業という感じでした

自分が気になったところだけのフォローでしたが
一緒にお話していただいてv-410

本当に、画面が暗めだったり、セリフがはっきり聞き取れなかったりのリアルと違って、じっくり楽しめましたね
第2中隊の仲間は個性があって素敵なキャラばかり
だからこそ、ジャンウが活きるv-398

そうなんです
この戦争がいまだに休戦であること、20話で思い知らされますよね
この国の背景には、乗り越えられない高い壁があるのでしょうか

いつか。。。真の終戦がやってきますように

michanさん♪

あんにょ~んv-410

こちらこそ、またいらしていただいてコマスミダ~

キムサムスン、大好きなドラマですぅ~
冬ソナはちゃんと見てない私ですが、サムスンは再放送とかあるたびに思わず見ちゃいます
「雪の女王」は見たことないのですが、そうそう「コーヒープリンス1号店」とかもおすすめですよぉ(ベタですが^^;

くふふ・・・そうですね~
ジソって最初から、すっごく好き~ってなる方より、じわじわと好きになる方のほうが多いかもですね
そして、離れられなくなりますv-398

ミサの変装シーン、いまでこそ大丈夫ですが(笑)わたしも突っ込んでましたよ
アリ将軍を制覇なさってるとは、心強いv-392
あとは、なんでも見れるんじゃ?(爆)

かわゆいところで「ただいま恋愛中」とかはいかがでしょう?
わたしは、ギュインが大好きです

ファン失格なんて^^;
いけてないジソも許せるなんて、立派なジソペンじゃないですか

WOWOWでロード、ご覧になれるんですね
また、感想聞かせて下さいませ

これからも、どうぞよろしく~e-266

出遅れちゃった^^;

マカプウさん 最終回までセリフおこしてくださって
ありがとうございましたv-410
M-netは断念したので
毎週楽しみにしていました

とうとう終わってしまったんですね
つかの間の平穏な時間の19話と
胸が苦しくなるラスト。。
リアルタイムの時もそうでしたけど
60年のそれぞれの想いを思うと
せつなくて辛くてたまらなくなりますv-390

ジョンギとの会話はそう言ってたんですね
心優しいジャンウらしい言葉ですね

そしてジャンウとテホの会話
男の人っていくつになってもそういうとこあるかも~

戦争ものが苦手なので最初は怖々見てました
でもジソを始め すべての俳優さんが
素晴らしい演技を魅せてくれましたv-425
たくさんのことを感じさせてくれるドラマでした

まだまだロードの余韻の中ですが
次回作を楽しみに待ちましょう

rateさん♪

待ってましたよぉv-410

出遅れなんて~いつでもどこでも書き込みOKですから

毎週楽しみにしていただいてるのに、自分勝手なピックアップでミアネ~
でも、たぶんrateさんはツボが似てると思うので

字幕で最初から見て、改めてリアルで勘違いしてるとこに焦ったり
たまに、結構合ってて自分で喜んだり
特にリアルだと画面が暗いんですけど、本編は、ヨンチョンのきれいな景色がたくさん見れます
わたしも、正直戦争ドラマということで、どうなることかと思ったけれど、これほど人間ドラマだったとは、嬉しい誤算でした

ジャンウとテホのじゃれあい(笑)が、そのあと起こる悲劇を一層辛くさせます

マンヨンとダルムンとか、なんだか愉快なコンビや兄弟みたいな関係がたくさんありましたよね
再度見るときは、そんな他のキャラのセリフにも注目して見てみたいなぁと

マイペースな記事におつきあい、ありがとうございました~
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://mahaloy.blog97.fc2.com/tb.php/576-d3d9790a
| |