プロフィール

マカプウ

Author:マカプウ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます(^^♪
ブログ開設日
2009.1.6(火)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード

<< ジソブへの道。。。ようやく1章が終了^^; main 笑顔のむこうに >>
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
ジソブへの道。。。まだまだ序章
2010-10-06-Wed
今日は記事書くつもりじゃなかったのですが・・・

なぜかInternet Explorerだと表示が乱れて、コメントで絵文字やいろいろ効果が使えない症状が出ていて

なので、いっそいでフォトエッセイ、2ページだけトライしてみました

まだ、そこ?な P24~26です

しかも相変わらず勝手な解釈・創作あり(笑)←今回創作激しいです(意味変えてるかも 苦笑)

そんなことも許して下さる方はつづくへどうぞ~

さて、最新記事、いつもどおりに表示されるかしら^^;



追記(22:48)
直ったぁ~~~
いっこ前のスライド貼りつけるときに、いつもやらないカスタムサイズでYTから持ってきたのが原因みたいだった
ふぅ~~~ちょびっと疲れた(^_^;)
20年あまりの間、船乗りで生きてきた、その人はいまは刺身屋をやっている。そんなおじさんが話しかけてくる

「チョド漁場というテジン港よりもっと北側にある漁場が、いままた開かれたんだ。知ってるか?

以前は、そこに魚を獲りにいって、帰れなかった船もたくさんいた

だから、しばらくそこは、立ち入り禁止になっていたんだが

今回、大々的に元のまま解禁されたんだ

おれは、金を貯めて・・・船を買って、あの漁場にまた行きたい

チョド漁場でつかまえたボラは、おれの腕よりはるかに大きかったからな」

と、自慢するように懐かしむように、その人は言った

「え~まさか~(笑)」

僕はその場は笑ったけれど

おじさんがいつか捉える魚が、さっき話していたものよりさらに大きいものであってほしいと思う


ここの人々は、いつどう変わるかもわからない気まぐれな海とともに生きていく

彼らが海から離れられないのは、恐れを知らないのではなく

まだ行かなければならないところが、たくさんあるからだろう

海というものは、その中に何がひそんでいるかわからず・・・

だからこそ、神秘なところなのかもしれない








フォトエッセイでお勉強 cm(6) tb(0)
Comment
 

上手いですね~!まるで、ジソ自身が
語っているようで・・・・。とても
しっくりきます・・・。私の訳ときたら・・、
足下にも及ばず・・で、ジソに「ち、ちが~う!」
と怒られそうですよ^^。ジソの文章は、
実に、素朴で、美しいですよね・・・。
ありがとう~です^^。

直ってよかったですね!お疲れ様です

ハングルは当然解らず、ただただ写真を見るだけだったのに
マカプウさんの訳とあわせて見ることができて感激です~^^
ジソも普通に漁師のおじさんとお話するんだなあ~と変なとこに感動しました(笑)
ジソ歴あまりに浅いので、ちょっとみなさんと感動のしかたがずれてるかも・・・^^;

ムヒョク→チョイン先生(もちろんガンホも)ときて、ガンぺに堕ちましたよ~!
寡黙なガンペの哀しさがひしひしと・・・ラストシーンは鳥肌が立っちゃいました。

ジソって知れば知るほど、もっともっと知りたくなる魅力的な人ですね(*^_^*)







詩人ですね。

マカプウさん詩人だわv-344

ひょっとして学生の頃、作文とか感想文v-295とか好きでしたか?
国語の成績抜群だったでしょう。。
頭に出てくる訳がちっとも文章になりません。

前コメの日付6月です。。
2005.02に「ミサ」で来日した時のDVD“So-Jisub Valentine's Day in Japan"
もとっても好きです(赤ジャケの初々しいジソで)
2005.07の人見記念が私には初ジソe-266でした。

絵文字復活e-402良かったです。。






ジソゴンさん=^_^=

あんにょ~んv-410

あいや・・・
勝手にいい風に創作しちゃってるので^^;
わたしの方こそ、「元の文章と意味変えるなよ」って怒られそうです

船乗りのおじさんを想像したら、こんな感じに
本当は敬語使いだったりしてるのに、そんなのとっぱらっちゃいました(苦笑)

まだ、1章すら終わりませんけど、韓国のニュース記事とかで結構内容出たりしてますね
まぁ、それでも自分流にこだわって、ゆっくり進みますv-398

michanさん=^_^=

本当によかったですぅ~
昨日は、いろいろ試しすぎて、元の形くずしちゃったり
普段しないことは、やらないことですかね^^;

ジソが、こうして一般の方とふれあって、それを文章にすること自体が初めてなので、不思議な感じは、ジソ歴長めの(笑)わたしたちでも一緒ですよぉ

ハングルは、日本語と似ている構造だけど、難しい
規則的なはずなのに、こうした詩のようなエッセイのようなひとりごとみたいな場合は特に

お~しっかとガンペに堕ちたんですね
うんうん←ガンペ派として喜んでいる人
ラストシーンももちろんですが、何気ない立ち姿にも孤独な感じが出ててしびれました

はいっまさにおっしゃるとおり、知れば知るほど、魅力的で深くて、難解で(笑)でも、笑顔が素敵で離れられなくなりますv-398

お恥ずかしい^^;

kan_ajiさんに、そんな風に言っていただくなんて恐縮です^^;

たしかに、国語好きでした♪
でも、感想文は対象の本の後ろから読んだりして、ちょっと変わった子でしたけど(爆)

学生の頃、お友達数人と交換日記とかしたり、よく文章を書いてたかも
しかも、その中では、すっかりお姫さま気分で(笑)
きっと正しい訳は出来てらっしゃるんですよね?
わたしは、かなりアレンジしちゃってるので
ただ、最近は手紙さえ書いてなく、今回このフォトエッセイを日本語の文章にするのに、久々に言葉と向き合いました

うわぁ~人見記念に行かれたんですね
あのDVDは、いまは手に入らないですものね
わたしは、お友達に見せてもらいましたけど、初々しいイベでしたv-410

kan_ajiさんに教えていただいて、表示が乱れてるのも含めて直せて良かったです
ありがとうございました♪
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://mahaloy.blog97.fc2.com/tb.php/578-e99d37e0
| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。