プロフィール

マカプウ

Author:マカプウ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます(^^♪
ブログ開設日
2009.1.6(火)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード

<< 結局。。。応援隊の仲間入り^^; main 秋のあしおと。。。 >>
ジソブへの道。。。とおいなぁ、5章半分^^;
2010-11-09-Tue
う~文章が長い、多い・・・わかんない単語いっぱい・・・ちかれたぁ

ジソと先生の対話のとこまでいきたかったけど、もうギブ(>_<)

5章の前半は、イ・ウェス先生の話をジソはにこにこしながら聞いてるだけ

そのP166のどんだけ~な笑顔が好きだからとりあえずいっか(ふぅ~)

もっと楽しみながら、こつこつとやればいいって話ですよね^^;

想像アレンジもりもり訳を読んでやるかぁ~な方は、つづくへどうぞ

(P153~167です♪)


昨日はあまりの眠さと胃痛で一年に何度もない23時台に就寝・・・すると3時半に目が覚めた(^_^;)
3~4時間しか寝れない身体になってるのかしらん
今日は、これからごはん~ないつものわがや(爆)


青春・情熱

感性の村

江原道(カンウォンド)、華川郡(ファチョングン)多木里だ
くねくねして狭い道に沿って登っていけば小さい村が出てくる
最初は文人たちがやってきて、文を書いたり休んで行く場所として作って、地域景気に役立つだろうと作った村だった
今は誰でも訪ねてきてこの村の村長様であり小説家のイ・ウェス先生と暖かい話を交わすことができる
感性を充電するために365日休まないで人々が出入りする所
こぢんまりした建築物がきれいな自然と交わって素朴ながらも美しい景観を演出する

村の入り口の散歩道を歩いてきょろきょろ見回す
感性の村につづく道
イ・ウェス先生に会いに行くところだ
あぁ、いい感じだ!


詩石林
ここにはイ・ウェス先生の詩が書かれた詩碑が道に沿って立っている
文を書くということは孤独なことのような気がする
すべての芸術がそうだけれど

いくら考えても私の若さは美しくなくて イ・ウェス 詩(時間退行)より


先生はかなり以前から知っていて、つきあった友人にまた会ったかのように、いきなり私を抱きしめられた
ソ・ガンジが私に会いにここまで訪ねてきたのだからすごく嬉しいに決まってるだろう?



夢謠潭にはチョウザメが生きている

あそこ・・・一匹泳いでいますね


うちの池にチョウザメが生きているというと、人々は皆信じないんだ
みなチョウザメは海にだけ生きると考えるから
それで私は「本当にうちの池にいるんだ。信じようが信じまいが」と話すんだ
チョウザメは回遊魚だ。以前は漢江にも住んでいただろう
仁川(インチョン)近海から漢江(ハンガン)に産卵するために登ってくる

そのように見ればジソプ君にはチョウザメのような面があるようだ
海に住みそうだけど淡水に住んでいるチョウザメのように強い自活力を持ったようにみえる
簡単には傷つかない、そのようにしっかり武装した精神力も

温室だけで育ったのではないという話だが、一言でいえば雑草・・・なんだろう
植木鉢で育った気質の植物とは違う
心は脆く繊細だったとしても強靭な人であるようだ

チョウザメには刃もたたないらしい


おもしろい話ですね、先生
でも刺しても血一粒出てこない、そのような意味ではないでしょう?


それとは違うだろうな
刺して血一粒出てこないのと刃物で打ち下ろしても、うろこ一つ震えないのは違いがあるんだよ、友人よ



私は乞食であった ”青年 イ・ウェス”

文字どおり乞食だった、それ以上でも以下でもない
春川(チュンチョン)で70年代初めに音楽喫茶店DJをした
主人が本当に立派な人で、軍隊に行ってきて、またDJ仕事を始めたんだ
ただ、これが男のすることなのかなぁという気がした
DJボックスの中でレコードを紹介しながら、「18番テーブルのお客さん、電話来ていますよ」
しばらくして喫茶店を止めてその時から野宿が始まったんだ
駅の待合室で寝たり、工場でボックスを積み上げて寝たり、毎日これを磨いて洗うことそれ自体が贅沢であり
目を開けば今日は、どこで食料を手に入れるかという問題が一番カギだった

路上生活者たちは冬が一番耐えるのが難しくて、冬になれば一番良いのが派出所暖炉かな
もっと良いのは裁判受けて拘留処分受けて監獄に入るんだ
戸籍が真っ赤になるほどにはせず、拘留8日ほど受ければ最高さ
ドアが閉められた店に石を投げて、町内の店をちょっと壊して
通行禁止があれば、その夜にわぁわぁ大声を出しながら通った
いつも捕まらないかなぁと思ったけど、とても寒い日には防犯隊員らも外に出てこないから私を捕まえてくれる人がいなかったんだ

4年か5年、そんな風に生きた
人生自体に対してこれ以上何の意欲もないころだったのだろう
朝目覚めて「まだ死ななかったか」と思う
こういうことでは死ぬだろう、こういうことでは死ぬだろう、死が常に目前で目に浮かんだ

そうするうちに薔薇村に流れて行った
そこは暖かく見えた
煉炭火にあたりながら客引き行為をする女たちも初めのうちは警戒していたけれど
少したったらそばにきて親しくなって、出て行く時には自分の部屋を貸してくれた
その部屋でちぢこまって座ってすさまじく文を書いた
そうやって出てきた小説が「夢見る植物」これだ
貧困以外には思い出せることがないな。若かった時の私の話は無条件に飢えだ



どんなドラマーの話

十年前、束草(ソクチョ)で酒を飲んで、面白くもないし酒もまずくて一人で出てきて海辺を歩いていた
するとひとりの男が息を切らして私のところに向かってくる
「よかったら、私の話を30分だけ聞いてくれませんか?」という
何か理由があるようだ、と喫茶店に入った。何の話なのか気になった。

この友人の話では自分はドラムで成功したいんだと。
だけど束草(ソクチョ)にはドラムも、ドラム専門学校もなくて絶望らしいということだ。

どれくらい切実だったら、通りすがりの人を捕まえて自分の話を30分だけ聞いてくれと言ってドラム話をするだろうか。

君は私が誰なのかわかるか?すると分からないと。私が何をする人のようにみえるかと聞いてみる、すると詩人のようだといってほとんど合っていた、そして話した。

毎日、毎日、海に出て行って海を背中にたたけ!

その友人は後日軍隊に行ってもドラムが本当に打ちたくて脱営までしたといっていたよ
それが今ユン・トヒョンバンドのドラマー キム・ジンウォンだ
ユン・トヒョンが春川(チュンチョン)で公演するといってみに行ったから
あぁ、その友人が本当に海をたたいていたんだよ!




フォトエッセイでお勉強 cm(8) tb(0)
Comment
 

面白かったです・・^^。

さすが、作家さんですね。
翻訳の上手さも手伝って、一瞬にして
引き込まれてしまいました・・。
以前、韓国の書店に行った時、「ひげ
おじさん」(ごめんなさ~い)の本が
色々並んでいて・・有名な人気作家さん
なのだと・・ちょっと、驚きました。
マカプウさん、頑張りますね~。私は・・
もう息切れ状態ですよ^^。でも、苦労
しながらも難しい翻訳をこなしていくと、
そうとう韓国語の能力がアップするので
しょうね!!

こんにちは^^

マカプウさん:

お久しぶりです。
しばらく留守している間に、ジソのセンパ・51Kのリニューアル・
日本公式ファンクラブなど話題が出てきてますね。

過去へ遡って記事読んできました。
51Kへやヨンソサへも飛んで…

ジソに対してのマカプウさんのぼやき??理解できます。
公式ファンクラブかぁ~~(今になって)

応援温度70℃で行きます。
ジソが不幸にならない事を祈ります。。

紅葉の写真も、翻訳もありがとうね....
コメ文字が太字設定になってしまいます@@

こんばんは^^

マカプウさん、
体調はいかがですか?

8月9月ジソのDVDを時間の許す限り見ていた私は睡眠時間2~3時間で仕事に行き、
こんなことでは医療ミスにつながる(>_<)と思いながらも止められず(お仕事がナースなのです)・・・
逆に眠ろうとしても興奮状態で眠ることができませんでした^^;
1度付いた睡眠パターンってなかなか変わりませんよね。
私の場合、自業自得とはいえ、睡眠の大切さを実感したのでした^^;

どんだけ~のジソ、可愛~い(*^_^*)
今回マカプウさんが紹介してくださったページのジソはどの顔もにニコニコで、こちらにまで笑顔伝染ですね^^

ハングルが全く解らない私にとってはただの写真集だったこの本ですが、
マカプウさんの翻訳を読ませていただいて、ジソの気持ちに近付けているようです^^
いつも心温まる文章をありがとうございます^^

ジソゴンさん^^

あんにょ~んv-410

おも~
韓国で出会ってたんですね~ひげおじさんと(笑)
見た感じも印象的ですけど、文章も味わいがあるんだろうなぁって

ジソがお話聞かせていただいてる方々をどうやって、選んだか気になるところですが
見事に、なんだかジソらしい気さえしてきますね

訳は・・・難しいですぅ
やりはじめると、次のページもってきりがなくなるんですけど
ハングルの能力は~~~いまいちアップしません(爆)
ただ、入力能力はアップします!
いつか習った文法っていうか、使い方、変化を
「あっこれ、習ったなぁ~」と思うけど、自分でそれを使って文は書けないだろうし

ジソへの道は、まだまだつづく

kan_ajiさん^^

いらっしゃいませ~

たしか旅に出られてたんですよね
少し読ませていただきました(読み逃げですみません^^; 

そうですよね
不在にされてた間の検索、大変でしたでしょう?
センパはわかっていたことだけれど、51kや日本のは急にって感じだし
でも、ヨンソサへのジソのメッセや自分で撮ったサジンは、感慨深く眺めました

いよいよ11日
どんなサイト、というか内容になるのか、気になりますね
オープンも何時なのかなぁ
0時過ぎたけど、普通は日本ではこういうのは10時とか?本人の意向聞くと11:11とかになりそうだけど(苦笑)

温度70℃、そうですね~
では、わたしは75℃くらいで^^;

コメ、本当ですね。。。昨日までの記事のは普通なんだけど
何も変えてないのでよくわかりませんが、ちょっと様子見ますね

michanさん^^

ご心配ありがとうございます^^;
今日はまだ痛くなっていませんが、ここ数日なんだか胃に意志があるような存在感で
以前に一度だけ胃カメラしたことあるのですが、すっごく大変で二度とやりたくないので、元気な胃に戻さないとv-91

うわぁ、ナースで睡眠時間2~3時間はだめですよぉ
でも、出会ったばかりのジソの作品を次々と見たい気持ちは止められませんものね
そして、そうなんですよね~いざ寝ようと思うと目がぱっちりだったり^^;
何も事故(もちろんですよね!)が起こらなくてなによりv-410

くふふ。。。ウェス先生とのジソ、本当に屈託ない解放された笑顔でいいですよね
こんな笑顔が大好き~

日本語版がいつ頃出るのかわからないですが、もし出ても一応ゴールまでやろうかなぁと密かに思っております(自己満足 笑)

最高の笑顔!

プウさん おちかれさまぁv-300

あんにょんで~すv-222

こんなに長い文をごく自然な日本語に訳していただいてとても嬉しいですv-238

イ・ウェス先生が若かりし頃を語るのを読んでから写真を見ると 相手をあんな笑顔にさせるなんというか…お2人の魂と魂が響きあっているような出逢いの素晴らしいオ~ラがこちらにも伝わってきました
どちらも最高の笑顔ですねv-353v-353v-353

今日は11月11日v-363
さて何時に?

So-netのニュースもありで今年は日本における”ジソ元年”v-361

日本でもやっと実力が認められてきたかe-2e-3

でも 騒がしくなるのは…ちと好きくないv-393
これって 勝手?

EARL.Gさん^^

あんにょ~んv-410

ねぎらいの言葉、ありがとうございます~
自然な日本語に・・・なってますか?
なんだか無理矢理使われてる本来の単語の意味をねじまげてしまってるような気もして心配です^^;

本当に表現力豊かにお話してくださって、きっとジソもすごく興味深く、そして楽しく聞いたんでしょうね
あの出逢ったときの歓迎してくださってのハグが嬉しかっただろうなぁって

そして、ウェス先生も一生懸命聞いてるジソが可愛かったりして^^;

このあとの5章後半が楽しみです♪

はい、オープンしましたね~いよいよ
きちんと活動ベースも確保して・・・かな?
そのお話は次の記事をお待ちくださいませv-410
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://mahaloy.blog97.fc2.com/tb.php/600-f6ccc83b
| |