プロフィール

マカプウ

Author:マカプウ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます(^^♪
ブログ開設日
2009.1.6(火)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード

<< 今日のジソブ、今日のわたし(笑) main ジソブへの道。。。5章終わった~(^o^)丿 >>
ジソブへの道。。。6章 ほんわか楽しい^^
2010-11-15-Mon
あんにょ~ん

今日は帰りに雨になり、風も強くて、歩くのが大変でした^^;

今晩からさらに冷え込んで、北海道などでは氷点下になるとか・・・

みなさん、風邪などひかれませんよう


予測どおり、6章はふわふわ、ぷかぷか(意味不明 笑)楽しくあっというまに終わってしまいました~

このトゥシク&ティルティルの二人は、ジソが一番印象的だったと語った方たちですよね

こんな風に自由に生きられたら。。。って思ったりしたのかな

た~だ~し~、今回は120%自信ない部分がぁ(>_<)

それは↓にて言い訳してますが

不思議な世界をつづくから、お楽しみくださいませ~


6章  記憶、そして残したいこと


ティルティルとトゥシク + 

ジソブ =

ティルティルとトゥシク、そしてジソブの話


ドゥータ池

民間人統制区域内にある、金剛山(クムガンサン)に向かう町角にあって、過去50年間余り出入りが統制されて、自然生態観光コースが開発されてから制限的に出入りすることができるようになった
自然そのままで、状態がよく保存されていて、山勢が秀麗で、岩が屏風をまいたように威厳あるように立っている

僕たちは今、韓半島の東西南北すべての生態系の交差地点、ドゥータ池に立っている


雨が降る日は変に気分が良い、なんとなくその感じがいい
雨音や雨の匂いのようなもの・・・
今より若い時は雨が降れば、焼酎一杯飲みにでかけたりした
屋台の屋根の上に落ちる雨のしずくの音を聞いていると、さらに孤独になったりもした


がむしゃらに誰かを、本当に長い時間待ったことがある
泣きながら母を待った記憶
片思いした女の子がいつくるかもしれない地下鉄
また、彼女の家の前で一日中そわそわした記憶
この頃は5分すら遅れても電話をすることができる世の中になった
それでも僕はまだ待つのが上手だ

今日会う人たちはどんな友人だろうか?


トゥシクとティルティルがやってくる


このように美しい道にすべて地雷
立ち止まってしばらく周辺をきょろきょろ


とことことこ
何の話もせず歩くのは、ひたすらおもしろい
一回ずつ振り返れば互いに顔だけまじまじと


したい仕事をして暮らしても、現実と妥協することも生じないですか?



妥協しなければならない場面は、ますます多くなっています
したくないことを生計のためにしなければならない時もあるし
そうですね
妥協は僕がしてトゥシクはしたい仕事だけできるようにするつもりです
トゥシクが持っている夢を守りたいです
それで妥協のようなことは僕がすべてするつもりです




イ・コウンとイ・ジョンホンが会ってトゥシク&ティルティルになった
2003年からイラストレーションを土台にグラフィックデザイン、編集デザイン、写真、映像、アニメーション、インテリアなど美術に関連した多様な分野で活動をしている
会話や写真展示活動も着実に企画して色々な試みをしている

がむしゃらに歩き回って発見される美しいものなど、偶然的なものが良い
人が作っておいた環境に動物たちがいると痛ましい気がする
ティルティルは虫とトゥシクだけ偏愛する子犬ステッチとともに生きている

誰も邪魔しない彼らだけの城を作ることがトゥシクの夢だ
その中で二人で作業をして、ご飯も作って、木も育てたい
初めに持った心と信念を守って、その中で夢みて愛したい




トゥシク
私たちは二人とも不足した点が多いけれど、一緒にいれば私の不足した点をティルティルが満たしてまた、ティルティルの不足した点は私が満たすことができるのがいいです
一人では怖くなって恐ろしくても二人で一緒にすれば、何でも上手にできそうだという気がします
これまで色々な作業ができたことも二人だったから可能だったんです


ティルティル
僕は決定をなかなか出せずに、とても迷う方だけど、トゥシクはぱっと決めててきぱき進めるのが上手です
あまりに強引なときは時々僕が収拾することも多くなるけれど、それでもトゥシクが発案して始めたことはみなうまくいきました
いつもはトゥシクだけ撮るので他の誰かを撮るのは本当に久しぶりです


ジソブ
トゥシク氏とティルティル氏のような人に会うのは本当に珍しいです
自由な魂、あるいは4次元、いや、そんな言い方では、全てを表現できないです
トゥシク&ティルティルのように生きることもできるんだなぁ、と思いました
したいこととしなければならないことは違うと思いながら、生きる人々が多いけれど、したいことだけしながら、それも一生共にすることができる人と一緒にそのように思い描くことができるというのは・・・うらやましいですね



記憶したい日


ここドゥータ池は一級水質だけに生息するという熱目魚を見ることができる
晴れた日には天然記念物の山羊も簡単に見ることができるらしいけれど、雨が降ったからなのか今日は見えない

川の水では泳いで森では歩く、すべての所がみな野生動物の家だ
自然の中に境界ということは始めから置かないで生きていく動物たち
魚や山羊のような動物たちにはここまでが私の土地、あそこからは君たちの土地という概念もないから

このように美しいところも一つずつ開放されていって、多くの人々がきて休むのはいいけれど、それによって一つずつ少しずつ変わっていくかと思うと、ふと心配になる


”今どこ見ているの? 私もちょっと見て!”


霧がたちこめて、メガネをかけたように世の中がぼやける
どうやって見ろというのだろう




「ドゥータ池に登ってくる途中でキジ家族を見ました
道路周辺にキジ一匹がいまにも出てきそうで、首を差し出して大丈夫かなぁと思っているようでした
また見ていたらそのキジの後ろに子供たちが七匹程度いました
母親がいつ渡ればいいだろう、と先に出てきてそっと見たところだったようです」


トゥシク&ティルティルが見たというキジ家族の話だ



童話にでも出てくるような神秘な山羊
美しいながらも強くみえる姿が彼に似ていた



何をどうやって描くんですか?


そのままです。美しいものを見たら描いて残したいです
幼い時、両親を撮ってさしあげた写真を見て連作で絵を描いたことがあります
その写真を見て写真と同じように描くのではなく、私の記憶の中に残っているイメージと感性そのままを描こうとしました
幼い時期はとても懐かしく思えます
そのような記憶を整理してみたくてそうして描き続けてきました


おもしろいですね、題名は何ですか?

自分なりに「トントン」とつけました

トントン?

水面に木の葉がぷかぷか浮いている感じがしてそんな風につけたのですが・・・
なんとなく・・・意味は色々です





神秘:ある友人が神秘的に撮られた




え~言い訳です^^;

『とことことこ』というのは、まったくのわたしの想像です(爆)
P209の 총총총. がどうにもわからず・・・
この文字2つだと、せかせかと、とか、 そそくさと、とか、うっそうと、とか、ぎっしり etc
そして 총총하다 という形容詞になると きらきらしている 
どれも、このときの写真と三人の雰囲気にマッチせず、なんか、とことこ歩いてる感じだなぁって
どなたか、ぴったりする表現あるいは、正解をご存知の方教えてジュセヨ~

そして、この章のラスト、P231
なんでしょ、これ^^;
最初、 묘?
これって墓っていう意味じゃ?と思ってびっくりして、でもいろいろ調べるとこれまたたくさんの意味
驚き、奇跡、非常に巧妙 etc
う~ん、奇跡でもいいのかなぁ
隣の写真について表現してるんだし
これまた、こうじゃない?というのがありましたら、お知恵拝借させてくださいませ~


さて、このさきは、また難しい話なんだろうなぁ
でも、なんだか年内には終われそうで、自分でびっくり
あに、クリスマスに向けてはハワイで買ってきた英語本の訳もあったんだわ(滝汗)
今日は自分だけ晩ご飯すればいい日なので、すでに冷蔵庫にあるものでおなかいっぱい
ではでは、7章にとりかかってみま~す♪





フォトエッセイでお勉強 cm(5) tb(0)
Comment
 

オリョンネヨ^^;

擬音語って本当に訳すのは難しいです。
それにも関わらず、真剣に訳してるマカプウさんに感心します。

“총총총”(チョン チョン チョン)

띨띨씨と두식씨とジソが3人で黙ってあるいていて、
振り返って顔をみる。

トントントンって良い訳だと思います。
私はチョン チョン チョンの音まで訳できないので、チョン チョン チョンのままです。

묘:は手ぶれのe-94写真が偶然撮れたって事なら
“奇跡”でいいんだと思います。。
묘の後ろに:が付いてるし…

ちっともお知恵にならなくて申し訳ありません<m(__)m>




コマスミダ~

kan_ajiさん、いろいろ教えてくださってありがとうございます

そっか~
擬音語なんだから、無理に意味づけしなくてもよかったんですね^^;
どうしても、その裏にある意味を深読みしてしまって

ちょんちょんちょん

うん、これでいっか(爆)
韓国語習ってるときだったら先生に聞けるんだけどなぁ

そしてラストの文章は、そう、奇跡とすごく迷いました

まったくもって、むずかし~(それは7章もつづくのであった)

こんばんは~ マカプウさん凄いねぇ!
翻訳って・・自分の想像を交えながらオリジナルに仕上げていくのもアリって思うから・・ 擬音を自分なりに訳すのって素敵だと思いますよ~!!

クリスマスのハワイの訳し・・こちらも楽しみだぁ・・ ハングルよりは英語の方がまだわかるから・・

拍手コメさん♪(11/17 20:49)

およっ

なんかかしこまってますね^^;

いつも読んでいただきコマスミダ~

また、表にもいらしてくださいませv-410

sakiちゃん^^

いらっしゃいませ~

愛あるお言葉、ありがと~
わたしの場合、おりまぜるというか
8割オリジナルだし^^;

クリスマスハワイ・・・あ~みっかちゃった
できるかどうかわからないから、ちらっと匂わせていたのに
(いやっ充分目だってたか)

うまく間に合ったら、読みにきてね~
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://mahaloy.blog97.fc2.com/tb.php/602-954ff709
| |