プロフィール

マカプウ

Author:マカプウ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます(^^♪
ブログ開設日
2009.1.6(火)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード

<< シフトキーを押すとこんな顔・・・(+_+) main ちょいと高めな解答例と置き去りにされたhanakoジソ^^; >>
ギャラリーがオープンするドゥータ池、調べてみた^^
2011-01-10-Mon
今年の5月にオープン予定のドゥータ池ギャラリー、正式名称は『ソ・ジソブの道 51k ドゥータ池ギャラリー』なのかな
その準備作業にジソが参加したというニュースがありましたね

実はこの件に関しては、わたしがあえてスルーしていたことのひとつでした
江原道の観光広報大使としてのお仕事は、なにか違和感があったから・・・
ギャラリーやハイキングロードの件とかは俳優としてというより、その名前を韓国のある地域の(フォトエッセイでお世話になったんだけど)活性化に活かすものだという気がして
もちろん、俳優としての知名度が高くなければこういう話は出ないだろうし、ジソも本国の観光の活性化のために役に立ちたいって思ってるからなのかもしれないけど
正直、ギャラリーやハイキングロードに名前がつくのは。。。
わたしだったら名前はつけないでくださいって言うと思う^_^;
あに、ジソもそういうタイプだと思う(って勝手な想像だけど)
それでもついたのは、いろいろ大人の事情があるんだと思うし
江原道の関係者に「ぜひ、名前と事務所名入れさせてください」って強く言われたら、断れないのかもしれないし
う~たかだか名前がついてるどうので、こんなにグダグダ言ってすみません(-_-;)
でも、どうにもなんだかなぁ~だったので
きっと光栄なこと?喜ぶこと?なのかもなぁ・・・
ギャラリー名は『ドゥータ池ギャラリー』で、ジソのコーナーがあるくらいがよかったなぁなんて

ふぅ~わたしのぼやきはこれくらいにして・・・(笑)
そのドゥータ池について、ちょいと調べてみました

と、その前に今回ジソが壁画に一筆いれてる様子もどこかで見れるけど、あの絵ってフォトエッセイでご一緒したティルティル&トゥシクさんたちのですよね?
そこで、自分のなんちゃって訳記事をぱらぱら見てたら・・・
ありゃ^^; 第6章の中にこのドゥータ池の簡単な説明があった
自分で訳したくせに忘れてた
というわけで、そのときの記事はこちら→<フォトエッセイ第6章なんちゃって訳の記事>


そして、さらに掘り下げた説明はこちら
ここ、フツーに日本にあったら遊びに行きたいような景色のところですね
ドゥータ(頭陀)池(以下、ドゥータでなく頭陀を使いますね)

江原道(カンウォンド)、楊口(ヤング)のDMZ(非武装)地域にある池。池の名前は1000年余り前付近に頭陀寺という寺があって付けられた名前だ。
ツダヨン11011001
ドゥータ池に集まる水入川(スイプチョン)水が内金剛で源を発して韓半島形に流れ込む。
出処:中央日報、2009.09.10

道ではないところは地雷畑だから、2006年民間に開放された以後、頭陀池周辺探訪路を除いてすべて鉄条網で分けている。 鉄条網には‘地雷’という文字が鮮明な鉄板があちこちについている。 地雷が隠されているのかは誰も分からない。 春季、畑に種をまくようにヘリコプターで空で散らしたためだ。 渓谷に足を漬けるのも禁物だ。 洪水で流れきた地雷が砂利の下に隠れていることがあるからだ。 ただしその澄んだ水の輝きを見て、息を大きくついて、内金剛の精気をもらってみよう。 こちらで金剛山(クムガンサン)、長安寺(チャンアンサ)まで20km余りだ。

出処:中央日報、2009.09.10出処:中央日報、2009.09.10

頭陀池に行くならツダヨン11011002
楊口郡(ヤンググン)庁経済観光と(033-480-2278)に3日前申請しなければならない。 民間人出入り統制線を通過するから管轄軍部隊の承認を受けなければならない。 出入り当日には午前9時まで楊口(ヤング)保健所そば楊口郡(ヤンググン)観光案内所を訪問して簡単な書類を作成すれば良い。 9時30分一日1回文化観光解説社の案内により移動するが、出入りは自分の車両を利用しなければならない。 月曜日は休み。 入場料は、 おとな2000ウォン、子供1000ウォン

↑ こちらはあくまで2009年のときの情報です。国内の方用のウィキペデイアみたいなサイトより

ツダヨン11011003

この中の内金剛とは・・・
東には外金剛(ウェクムガン)地域と接して西側では金剛川流域に達する西部地域を占める。 数多くの滝・壁・木陰・奇岩絶壁が調和を作り出して山勢が奥ゆかしくて秀麗だ。 萬瀑洞は渓谷美の象徴という程景色が優れて、黒龍壁・青壁・粉雪壁などがある。 白雲台(ペクウンデ)は渓谷美・山岳米を皆一緒に見せる名勝地で、観音岩をはじめとして展望台で知らされた白雲台(ペクウンデ)などがある。 昆盧峰(ビロ峰)は日万二千峰と東海(日本海)の青い海をひと目で眺められるし、金紗橋(脚)・恩師橋(脚)で呼ばれる風景が異彩を放つ。 昆盧峰(ビロ峰)北西の側にあるクソンドン谷間はうっそうとした樹林・奇岩怪石・滝・壁などが組み合っていて、水が特別に青黒いという真黒所・玉流壁・九一(クイル)滝などがある。 明景台はうっそうとした樹林、高くそびえ立った岩壁が有名で、鏡のようになめらかな岩壁が塀に暗い影を落として神秘な景勝を成し遂げる。 玉京壁・収斂滝・多宝塔で呼ばれる奇岩などがある。

う~ん、地図見るとやはりまさにDMZ(非武装)区域だし、観光として気軽に出向く感じではない気が
こんなに自然がそのままのところが、こういう場所であるというのがなんだか少し哀しいかも。。。
でも、江原道の関係者としては、ギャラリーを中心に、ここを地域観光地などと連係した多様なプログラムを計画、推進中ということだし、観光地として推したいんですよね
ちょこっと複雑。。。

ただ、フォトエッセイのときに、こういう地域を多く訪れたジソが何かを感じて、そして選んだことなんだよね
このことで自分がどう思われるかではなく、この地域を活性化することに役立ちたいという
そうだとしたらなかなか出来ないことだと思うし、賛同はできなくても理解はしたい
フォトエッセイの文章を読んでいても、そのいろいろな想いはわかる・・・気がする(笑)
ということで、一応、これも貼っておきますか(^^ゞ
ツダヨン11011004
この繊細で儚げな風貌は、役作りなのでしょうか


さて、三連休も終わり、明日から忙しくなりそうです
まだまだ天候の影響により、大変な地域があると思いますが、どうぞお気をつけくださいませ



ジソブ cm(13) tb(0)
Comment
 

また・・怒られそうだけど・・。

私も違和感があります・・・。
江原道の観光については、ジソの力を借りずに
自力で活性化させてほしい。ジソの名を借りると
これからのジソの活動にプレッシャーが・・・。
仮に、人気が下火になった場合・・、どうするんだろう?
そのまま残してくれるのかな~。ジソも人が
いいから・・自分が力になれるのなら・・
と思っちゃうんだろうけど、断るところは断らないと・・。
プライベートも大事にし、俳優に専念して欲しい
のに・・大人の事情があるんだ・・・。あっ、また
ブーたれちゃった・・・いつもいつもすいません。
そのうち、オモニが田園が好きだって言うから、
あの辺にお家作っちゃうかもね^^。

ふ~ん・・。

まかぷうさん^^
知らなかったです・・・こんなことしてるとは。
去年?一昨年?チェジュ島での誰かさんの(よく分かってない・・^^;)ギャラリーを見ていたから
ジソ 何かしらやってみたかったのかな?
とも・・考えちゃいました。
できればジソの写真・・というより ジソが撮った世界を展示してくれたら・・嬉しいですね^^

そして・・ジソのモリについて触れてませんが~
初め見たとき「ドキッ!」ってしましたよ~^^
パーマは色っぽく見えますね^^
久々のパンチですね~←えっ?!(笑)

表情がゆったりしてるし・・今は休みながら
次の作品の準備と・・・ファンミ?の準備かしらね?
素敵なジソの表情が見れて・・とりあえず
幸せ^^
コマスミダ~まかぷうさん^^v

ま…

いいんじゃないの
ジソが納得の上でやってることだし…好きにすれば~って感じかな(笑)

プウちゃん、嘆くことないよ
私達が思ってた人とはチョッと違ってたんじゃないのかな?

会社員だと、そのカラーに収まらなきゃいけないけど、自営業は好きにできるでしょ?
女子社員に制服があるのは個性を出しちゃいけないからだし、男子社員も制服じゃないけどホワイトカラーだしさ

脱ぎ捨てて最初はぎこちなかったのが、だんだん私服に慣れてきた
そういう事なんじゃないのかなぁ…と、私は思うなぁ

本人が言ってた「妥協」とは違うな…
いくら経営のためとはいえ、俳優業やらCFやらでそれなりの物は入ってるんだし、本当に嫌ならやらないと思うよ


何にしても、まわりくどく言うんじゃなく「やりたいからやりました」って言って欲しいもんだわ
その方がよっぽどスッキリする(爆)

あんまり???だとこの先疲れるよ、プウちゃん
ジソブはこういう人だったんだぁ~と、あきらめ…アニ、再認識しましょう


皆さんのご期待に添えるよう、タレントではなく俳優で華を咲かせて欲しいものです、ね

おおはようございます

大人の事情かぁ・・・
ジソも年齢があがり、責任が重くなると、身動きとれないいろんな事情が増えてくるのでしょうね

パーマ頭は超可愛いですが飄々としたジソの立ち姿、覇気がないのではなく、リラックスしているのですね?
ドラマや映画でのジソに早く逢いたいですね~
きっと一気に燃え上がります^^;

さあ、私も今から戦ってきます!
ふふっ 私はイチ勤め人なので流されるしかなく、イエスマンが一番なのかと消沈気味です^^;
ジソも大人の事情と戦っていると信じて、行ってきま~す^^;

そうなんですか・・・

ジソの名前が付いちゃうのか。。
だんだん手の届かない人になってしまう気がします。
ジソに意に合っているならv-426です。
「演技を見て欲しい」
って言葉信じてます。

カギコメさん♪(1/10 21:19)

カギコメさんも複雑なんですね・・・

そう、江原道は自然としても魅力的なことはジソのフォトエッセイを通じても感じたことです
が・・・
う~ん、なんだかわからなくなってきました
フォトエッセイの前にギャラリーやハイキングロードの話があったのかもって
いや、全て込みで企画が進んでいたのかも
今日のFCサイトはご覧になりましたか?
トゥーダ池周辺を紹介するギャラリーというわけではなく、それはソ・ジソブのためのソ・ジソブギャラリーのようです
それをたまたま今回ご縁のあった場所に建設しようとしているような

こうして国内外のファンのために作ろうとしている様子は、やはり韓流スターとして貢献しようとしているのかもしれません(あくまで私の見解ですけど 苦笑)

ジソゴンさん。。。

違和感仲間ですね^^;

当初思っていたのと様子が違ってきているかもしれません
↑ にも書いたように
江原道の観光業を活性化という意味もあるとは思いますが
ジソがソ・ジソブをテーマにしたギャラリーをたまたまそこに建設しようとしているのかもと

そう、わたしも最初はジソゴンさんのように
名前を入れることのその後の影響を心配していました
でも・・・その内容をみると(あっジソゴンさんはFCのぞけないんでしたよね)
江原道の紹介ということもあるでしょうが、ジソブの紹介という方向が見え隠れ
(いまさら本国で紹介しなくてもねぇ~)

俳優に専念してほしい・・・これはファンのエゴなんでしょうか
大人の事情は、わたしにもよくわかりませんが、そうして納得するのが早いと思っただけで、本当のところはわかりません(・・;)

しばらく静観することにします

ありゃっ^^;

しゅみさん、お忙しいからご存知なかったんですね
少し前からギャラリーやソ・ジソブロードのニュースは出ていたんです・・・

チェジュ島?
ジソ以外のことまったく知ろうとしないので、わかりませんが^^;
フォトエッセイでジソ本人が撮影した写真も含まれているかもしれません
ただ、それを期間限定の写真展ではなく、こうして固定の場所にですから
移動写真展とかだったらよかったけど

触れたかったけど(苦笑)
このジソ、ムヒョクがオーストラリアから韓国に行く直前の頃の風貌に似てますよね
これが、映画試写会とかに現れた様子だったら、喜んで
きゃあ~~~v-10
となっていたと思うのですが
あ~ぁ、純粋にジソの様子におぼれてしまいたい(えっ? 笑)

儚げすぎて・・・壊れてしまいそう

きたなぁ~肝のすわったジソペンごんちゃん(笑)

いやぁ~
嘆いてるわけじゃなかったんだけど・・・

いまでもわたしが思っていた人と違うとは思っていないわたし^^;
独立して、やりたかったことのひとつなのかな
制服の例え、わかりやす~い(笑)
たしかに自営業は責任も重いけど、縛られることはないもんね

たしかに・・・
自分のギャラリーを作るのが夢でした
と言われれば、そっかと納得すると思う(するのか? 笑)

今日のFCのTodayを見て
再認識するべきなんだと思った
なにか、残るものが欲しかったんだろうか

まぁ、なんだかんだいっても俳優として映画やドラマで、その存在感をアピールしてくれれば
こんなことはどうでもいいことになるのかもしれないね
そうなることを切に期待して、願っていようと思います

michanさん^^

同じく、イチ勤め人です^^;

大人の事情というのは、そう表現するしか手段がなかったから(苦笑)
でも、その内容を知ると、名前をつけてしかるべきのようです

そう、くるりんパーマはかわゆいんだけど・・・それだけをカワユ~イと喜べないわたしがいます
役に入り込んだソ・ジソブの本領発揮が待たれるところですよね

今日はどう戦ってきましたか?
たとえ、勤め人でも自分の意見をいえる状況であれば、伝えることを諦めたくないと思っているわたしです

michanさんもふぁいてぃ~~~んv-410

kan_ajiさん^^

そうみたいです^_^;
ソ・ジソブをテーマにしているようなので
名前がつくのは当然なんだと、帰宅後、実感しましたv-390

たしかに、ほかの部分でどういう活動をしていようとも
演技が惹きつけるものなら、納得ですよね

いまは次回作の映画でどういう演技をしてくれるか、それが楽しみです^^

ジソのギャラリー

hanakoしかっりとスルーしてきました。有難うございます。                        ゲサンssiもWOWOWのインタビュー笑顔がいいですね。「兄嫁は19歳」見ました。
ギャラリー建設早~いですね。
嬉しいけどちょっと?                                        江原道の観光紹介ならビジターセンターにしてジソの協力参加が…
5月にジソとの観光ツアー企画が有るようですね。

ジソのパーマもステキです。ボクサー役の為に変身でしょうか。
今は映画期待して待ってます。

お姉さん^^

おも・・・
それじゃあ、まるで、わたしがスルーを薦めたような^_^;
お持ち帰りいただいてもよろしかったのに←自分は棚上げ

そうですね~ゲサンssiは屈託のない笑顔で不思議な魅力があります
・・・でもロード以外の作品を見たことがありませんが

おっしゃるとおり、ビジターセンター内ですこしだけ、ジソがお出迎え♪
なんていうのも良かったけれど
どうやら、まさにソ・ジシブギャラリーのようで
あに、それがいけないというのでは決してなく。。。
それにつながるビジネスに多少抵抗があるわたしです(観光ツアーしかり)

わたしもこの様子には、くらぁ~っときたわけで・・・
あやうく(苦笑)きゃ~と言いそうになりました^^;
映画でののめりこみに期待しましょう
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://mahaloy.blog97.fc2.com/tb.php/627-19d4f45e
| |